自白

 私は,誤解を恐れずにいえば,「犯罪事実につき,記憶している限りの真実を任意に述べた自白」は極めて重要な証拠であると今でも考えています。事件の真相を知っているのは犯人ですから,犯人が真実を語れば事件の真相が明らかとなり,適正な処罰を行うことができますし,誤った刑罰権の行使が行われることもなくなると思うからです。もちろん自白以外の客観証拠は重要ですが,客観証拠をいくら集めたところで,動機を含む事件の真相は解明できないと思います。まして,間接証拠・間接事実から犯罪事実が推認できたところで真相を明らかにできるとはとても思えません。

 一般的には,犯罪事実を行ったことを認める供述を「自白」といっているように思いますが,ここでいう自白は,「犯罪事実につき,記憶している限りの真実を任意に供述すること」と定義します。この自白は,必ず裏付けが取れますし,捜査機関側が知らない事実が含まれています。
 捜査機関が,収集した証拠の範囲で事件の構図を描き,それを認めさせる取調べを行い,認める供述を得て供述調書が作成されてもそれは自白とはいえないと思います。少なくともここでは自白とはいいません。その供述によっては捜査機関が把握していない部分を埋めることができない,つまり,事件の真相が分からないからです。自白偏重という言葉がありますが,ここではそういう使い方はできないわけで,供述偏重とか供述調書偏重というのが正しい使い方だということになります。自白は,偏重という否定的意味合いの言葉と結びつくことはないわけです。同じ意味で,任意性のない自白というのもここではあり得ない言葉で,任意性のない供述とか任意性のない供述調書ということになります。

 捜査をしていると,供述が変遷することは当然あり得ることで,変遷があれば供述の任意性・信用性がないということにはならないと思います。真犯人でも嘘をいったり,記憶違いをすることはあるからです。変遷した理由や変遷部分の重要性等が問題となります。同じように客観的事実と異なる内容が含まれているからといってそれがために供述の任意性・信用性がないということにはならないと思います。やはり客観的事実と異なる内容の供述をした理由や重要性等が問われることになります。犯人であれば当然言及すべき事実について供述していない場合もそれだけで直ちに供述の任意性・信用性がないことにはならないと思います。しかし重要な事実について供述がない場合は,よほどの理由がないと供述の信用性を認めることは困難だろうと思います。また,同じ現場にいた共犯者同士の供述に食い違いがあっても,それぞれ記憶違い等をしていることがあり得るので,それだけでは供述の任意性・信用性がないということにはならず,食い違う理由や食い違っている部分の重要性等が問題となると思います。いわゆる秘密の暴露は,供述の任意性・信用性を認める方向に働く大きな材料ですが,暴露にかかる事実の重要性やそもそも本当に捜査機関はその事実を把握していなかったのか等が問題となります。
 「自白」については,これらのこと以外にもいろいろな観点から任意性・信用性の有無に検討が加えられるわけですが,任意性・信用性の存在に疑問があれば,任意性・信用性はないと判断されることになります。疑わしきは被疑者・被告人の利益に判断すべきだからです。
 また,被疑者らが虚偽供述をしてしまう理由についてもさまざまな指摘や研究が行われていますが,重要なのは,供述の任意性・信用性を判断するに当たり「やってない者が事実を認めるはずがない。」という予断・偏見を捨てることだと思います。やっていない者が犯罪事実を自認した例は枚挙にいとまがないからです。

 現在においても自白は重要な証拠です。録音・録画の制度については別に述べたいと思いますが,録音・録画をしていれば,供述の任意性,信用性の立証はずいぶん容易になるはずです。真相を解明するため,検察官には,録音録画の下においても自白を獲得できる実力を涵養してもらいたいと思います。被疑者に対しインタビューのようなことをしていたのでは真実を語ってもらうことは到底できないと思います。

 私は,昭和55年に札幌地検で検事に任官しました。いわゆる新任検事です。当時札幌地検には東京地検特捜部に勤務していた先輩検事が何人かいて,新任の私も贈収賄事件や選挙違反事件の捜査の応援に駆り出されたりしました。当時は供述調書を手書きで作成していましたが,私が口述(口授)し,事務官が手書きした100枚くらいの贈賄被疑者の調書について「こことここが足りないから取り直し」と主任検事にいわれ,そんなことは調書を取る前に注意してくれればいいのにと思いつつも,事務官にお詫びをして取り直したことなどを思い出します。私は,そういう先輩検事から,送致記録や証拠物をよく検討し,取調べもして,送致された事件とは別の事件(いわゆる余罪)を見つけ出すことを常に意識し,訓練をするようにという指導を受け,その後の検事生活において可能な限り実践しました。
 そういえば,当時昼まで勤務があった土曜の午後,刑事事務課で出前のラーメンを食べた後,なかなか真相を語らない被疑者のことを考えていると,某部長がきて,「考えていたって何も変わらないだろう。とっとと調べに行ってこい。」とハッパをかけられたことがありました。私は,その後よく警察署に出向いて被疑者の取調べをするようになりました。
 ところで,私が任官した前年の昭和54年6月,河井信太郎著「検察読本」初版第2刷が発行され,私は任官後すぐに検察読本を購入し,座右の書としていました。その「まえがき」には,次のような一文があります。

 世に貧漢・汚吏がはびこり,脱税が横行し,選挙違反が野放しになり,会社の設立・経営をめぐる背任,詐欺その他の不正が放置され,国が栄えた例はない。
これを取締り,その責任を追及して,犯罪事実を明らかにするものは検察官である。

 この著書の法律論などは古い時代のもので参考にならない部分も多かったのですが,捜査に関する記述,特に取調べについては何度も読み返し,やがてそれは私自身の信念のようなものになっていきました。取調べにおいて普遍性を有すると思う部分を同書から何箇所か引用させていただき,参考に供したいと思います。なお,検察読本にいう自白は,私が上記のとおり定義した自白と同じ内容であると理解しています。

 「私どもの先輩は,取調官の心構えとして何が大切かと質問したとき,ある人は「誠を敵の腹中におく」という言葉で教えられた。それは捜査に手練手管などはない。誠心誠意真相を発見しようとする熱意にあふれて,あらゆる面から質問をし,矛盾を突き,合理的,科学的な取調べをしていく。そのことを相手に理解させる以外には方法はないということをいわれた。また,ある人は「鬼面仏心」という言葉で,取調官の心構えを教えられた方もあった。はじめから被疑者を前においてにやにやして,「どうだ,お前ひとつ本当のことをいっちゃどうだ」といったって,相手はいうもんじゃない。厳粛な顔をして,すきあらば一太刀あびせるぞという気迫のこもった心構えで被疑者に接しなければ,被疑者がまじめな気持ちになって調べに応じようという態度をみせるものではない。しかし,それは憎いから調べるのではない。仏心をもって接するのだということを理解させることが必要だといわれた。この呼吸が,だんだんと経験を経,多くの事件を扱うことによって検事自身が錬磨されていく。それなのに重大な事件が伏在していても,右から左へ事件を処理して必要な取調べもしないと,あの検事は全然熱意がないと被疑者や関係人は思う。この点を突かれるんじゃないか,あの証拠品のことを尋ねられるんじゃないか,持っていかれた帳簿の中のあの記載を聞かれるんじゃないかということで,三日も四日もかかって弁護人と密室でさんざん打ち合わせをしてきたら,くわえたばこで,ああそうかということですんでしまう。これじゃもう世の中は闇だと被疑者が思うようになる。」  「私はよくこういうことをいう。逮捕,勾留されている間に,これはもうこの検事に真相を全部述べて,自分のいい分も聞いてもらえるところは全部きいてもらって,この事件を解決する以外に自分の取るべき方法はないんだというところまで納得させなければ自白するものではない。それが難しい。」

 同書で引用されている,堀検事長講述ー自白を得る「コツ」

 「そうではなく取調べというものは,取調官の熱と真心のこもった言葉による説得以外にない。相手も良心をもっており,過去に犯した犯罪は本人が一番よく知っているから,取調官のいうことが一つ一つ胸にピンピンと響いてくるに相違ない。だから,取調官が自己の人生観とか人間観を説いて,相手の気持ちをこちらの気持ちまで引き上げて行く。そして,その気持ちにおいて,その行為を反省させる。」   「瀆職犯や選挙違反の取調べの際に経験することであるが,何日説得しても,相手の知らぬ存ぜぬというねばりに会って,却ってこちらが負けかかってくることがある。それは,結局,この人間が罪を犯しているのに違いないというこっちの確信と,必ず真実を自白させてみせるという自信が,相手のねばりにあってぐらついてくるからである。私は,こういう場合には,繰り返して記録を読み直し,また,証拠物等を検討して自分の確信を強くするように努めた。こちらの確信がぐらつけば,自然気魄が欠けてきて説得する力も弱くなり,敏感に相手に反応し,相手の否認すれば通るという気持ちを強めることになるものである。確信がぐらつけば取調官の負けだといっても過言ではない。」

 私自身も尊敬する大先輩から,「大きな声を出して相手を叱りつけるような取調べをする検事は2流以下だ。そんな調べをしても何も明らかにならない。」「相手の心の扉を開くのは,真相を解明したいという熱意・情熱だ。」と教わりました。

 堀検事長講述の中にでてくる「確信がぐらつけば取調官の負けだといっても過言ではない。」ということは,実務上よく経験することです。たとえば,共犯者多数の事件で,主犯と認められる被疑者だけが否認し,証拠関係からみて,ほかの多くの被疑者は事実を供述しているという事案がありました。主犯の取調べを担当している検事が,いくら取調べをしても供述が変わらないと,「ほかの共犯者は嘘をいっている」とか「この事件の筋は違う」などと検事自身がいいだす事態になるわけです。こういったことを主任や上司にいうだけならまだしも,共同捜査に従事しているほかの捜査官にまで,このようなことをいって回る検事まででてきます。このような検事がいくら取調べても被疑者は決して真実を語りませんから,取調べの担当者を変えざるを得ないわけですが,別の検事が取調べると数時間で自白した,ということが何度かありました。