むすび

 検察官になったからには,警察等第一次捜査・調査機関の事件を右から左に処理するだけでなく,そういった事件でも深く掘り下げて真相を解明する努力を積み重ね,自分の手で悪いやつを捕まえることができる能力・技術を身に付け,やるべき事件が顕在化したときに思う存分実力を発揮できるよう準備をしておいてほしいと思います。
 私は,ある地方検察庁に勤務したとき,磯釣りを覚え,雪がちらつく真冬の磯の上で防寒具にくるまって夜を明かし,大物を狙って夜明け前から竿を出すなどという貴重な経験をさせてもらいましたが,捜査は釣りによく似ているなあと思いました。大海原に向かい,どこにいるか見ることのできない獲物を創意工夫して釣り上げる醍醐味を,若い検察官,検察事務官にも是非味わってもらいたいと思います。